几帳麺 美味しい素麺、お取り寄せはココ!!


日本で一番美味い素麺!!と京都高級料亭が認めた
六代目山下勝山 こだわりの味!!

粉が違う… 技が違う… 想いが違う…
だから感動する。だからまた食べたくなる!
几帳麺はそんな想いの詰まった手延べ素麺です。

     

2006年、全国放送の料理番組にて、一躍注目された山下勝山の手延べ素麺。
「ここまで麺の味が際立つと、薬味はむしろ不要!」とまで言われるその味は、
厳選した上質の国産小麦ならではの「甘み」と、のどの奥から湧き上がる「香ばしい香り」、
そしてしっとり滑らかでありながら、口の中でぷるぷると踊るような
弾力感のある「コシのある素麺」が自慢です。

選りすぐりの素材!!

小麦本来の甘みと香りを大切にする為に
高級和菓子の原料として使用される上質な国産小麦を厳選し薄力粉を主として使用することで、甘みや香りが強く現れ、同じく厳選した中力粉を少量ブレンドする事で独特の風味が生まれるのです。
また小麦の香りを活かし、見た目の美しさを両立する為に表面に吉野葛を練りこみました。

麺類のルーツ奈良県で生み出した究極の麺!!

山下勝山手延製麺工場

日本の麺類の原型は今から1300年前の、奈良時代に遣唐使によって中国から奈良県に伝えられたと言う説があります。その歴史と伝統に培われた手延べ技法を、さらに美味しく進化させた素麺作りを、山下勝山の長年の構想を実現した、安心・安全な工場で丹念に作り上げております。

職人の意地と技術の粋が実現させた、柔らかくふわっとした優しい食感と力強い弾力感のあるコシ。

一般的に素麺は元の麺帯を平均して10層ほど重ねて延ばすところ、この麺には普通の十数倍の手間暇をかけ丹念に延ばすことで、実に100以上もの細やかな層のある細い細い素麺となっています。これが、素麺でありながら柔らかな口当たりと力強い弾力感。「本物のコシ」がある素麺と呼ばれる所以です。

「めんつゆ」にもしっかりこだわります!

麺が超一流なのだから、そんじょそこらのもので味わっては台無し!
昔からめんつゆの王様といえば「鮎」。
素材の旨みを生かし、さっぱりした味ながら
コクのあるつゆに仕上げました。

めんつゆとしてだけでなく味の引き立て役として、さまざまな料理に幅広くご利用いただけます。

麺師 六代目山下勝山氏

2006年:新どっちの料理ショーの特選素材で一躍注目を浴びる。
2008年:NHKたべもの一直線で特集
2008年:北海道洞爺湖サミットの饗応料理に納める
2010年:宮内庁献上
他、ミシュランガイドで三ツ星の料亭など、数多くの高級料亭から指定麺師の称号を頂く、手延べ麺の匠。

●日本手延研究会会長
●京都吉兆指定麺師
●江戸料理八百善指定麺師
●宮内庁御用達

几帳麺 手延素麺・鮎だしつゆセット

●商品内容
手延素麺50g×5束入×3袋、
めんつゆ300ml×1
(木箱入)

几帳麺 美味しい素麺、お取り寄せはココ!!


トップへ戻る